シャンプーで禿げる?避けたい成分はこれ!

シャンプーを変えたら抜け毛が増えてきた。


そんな経験ありませんか?


すべての人にある「完璧なシャンプー」は
存在しません。


でも、おススメできないシャンプーは
存在します。


どんなシャンプーがおススメできないか。


そのあたりをご紹介します!

シャンプーが危険って信じられますか?

f:id:blue-sea-sky-dec14th:20170713231525j:plain

髪をキレイにするためにシャンプーする。


これは身だしなみの上でも常識です。


でも、そのシャンプーが
髪を傷めていたとしたら?


薄毛や抜け毛の原因が
シャンプーにある場合もあるんです!


ここでは、シャンプーによく含まれる
危険な成分をご紹介します。


害のあるシャンプーを避けたいと思ったら、
これらを判断基準にするのがいいと思います。

シリコンのカバー力、馬鹿にしていませんか?

f:id:blue-sea-sky-dec14th:20170714235832j:plain

シリコンはシャンプー・トリートメントに
最もよくつかわれるコーティング剤です。


たしかにシリコンを配合していると
ツヤツヤ・サラサラになります。


でも、これはシリコンがダメージを
覆い隠しているだけ!


シリコンの継続使用で
髪のダメージが進行していることに
気が付かないっていうこともあります。


また、しっかり洗い流さないと
コーティング剤が頭皮に残るので、
かゆみやフケの原因になったりするんです。

ラウレス硫酸系ってホントに高級なの?

f:id:blue-sea-sky-dec14th:20170716105502j:plain

高級アルコール系シャンプーと
呼ばれるものが多くあります。


この"高級"という言葉は要注意


この呼び名は分類上の名称であり、
高価という意味ではないんです。


むしろその逆!


安くて危険な界面活性剤、ラウレス硫酸系の
成分を含むシャンプーの総称です。

洗いすぎはどうなる?

f:id:blue-sea-sky-dec14th:20170713231039j:plain

ラウレス硫酸系の界面活性剤は泡立ちもよく、
強力な洗浄力・脱脂力があります。


ということは、頭皮に必要な水分・油分まで
奪ってしまうということ。


これが原因で
フケ・かゆみなどを引き起こすんですよ。

危険なシャンプーの見分け方、大公開!

f:id:blue-sea-sky-dec14th:20170714082141j:plain

シャンプーをして髪が傷んでしまった!


そうなりたくはないですよね。


ということで、
危険なシャンプーの共通点を紹介します。


・大々的なテレビCM・宣伝をしている。


・ドラッグストアで安値で売られている。


・詰め替えが300~500円で売られている。


無添加・ノンシリコンなのに安い。


これらが大まかな目安になります。

シャンプーへの意識、変えませんか?

f:id:blue-sea-sky-dec14th:20170715001733j:plain

巨額な宣伝費を使いながら
安い価格のシャンプーはそれだけで危険です。


また天然素材にこだわったシャンプーは
安値で販売できないコストになります。


シャンプーに対する意識を変える。


このことが危険なシャンプーを見分ける
一番の方法かもしれません。